院長ブログ blog

カモガヤ花粉症

2019.05.27

イネ科花粉は3月下旬から11月初旬にかけて、長期に渡って飛散する特徴があり、飛散量は5月の連休明けから梅雨にかけて最も多くなります。
春頃から症状がでていて、スギ、ヒノキの時期は終わったのにまだなんだかかゆみが続くのは、イネ科花粉症の可能性があります。

1558940510458

イネ科花粉症の原因植物の代表はカモガヤで背丈が1mの雑草で、道路わきや公園、河川敷に生えています。

スギヒノキに比べて花粉が大きくあまり遠くまでは飛ばないため、植物の近くに近づかないだけでもアレルゲン回避に効果的です。一度カモガヤアレルギーの検査をしてみることは予防に有効です。

  • ご予約はこちらから

診療受付時間

 
9:5012:30 /
14:5018:30 /

休診日:水曜日、日曜日、祝日
※第2・第4日曜日は10時から13時まで診療しています

詳しくはこちら

アクセス

            

〒332-0034 埼玉県川口市並木3-1-1 第二福原ビル3階
西川口駅 東口より徒歩1分
ケンタッキーさんの右隣、なか卯さんが入っているビルの3階

※ご来院の患者様に「並木3丁目パーキング」の1時間のサービスコインを渡しております。受付までお問合せ下さい。

詳しくはこちら

  • 院長ブログ

pagetop