院長ブログ blog

花粉-食物アレルギー症候群

2019.01.13

花粉症を発症してしばらくして、それまで普通に食べられていた果物や生野菜を食べると、口の粘膜にかゆみやイガイガ感を感じるようなことがあります。

それを花粉-食物アレルギー症候群といいます。

例えばシラカバ花粉症の人はリンゴで発症することが多いですが、加熱したリンゴ(アップルパイや缶詰、ジャムなど)は食べられます。

日本のスギ花粉症でも、果物アレルギーを有する患者が10-20%いると言われています。

主な花粉との反応が証明されている果物、野菜は、

スギ➡ナス科(トマト)など

イネ科➡メロン、スイカ、トマト、ジャガイ、キウイ、オレンジ、ピーナッツなど

ブタクサ➡メロン、スイカ、キュウリ、バナナなど

です。思い当たるふしはありませんか❓

  • ご予約はこちらから

診療受付時間

 
9:5012:30 /
14:5018:30 /

休診日:水曜日、日曜日、祝日

詳しくはこちら

アクセス

〒332-0034 埼玉県川口市並木3-1-1 第二福原ビル3階
西川口駅 東口より徒歩1分
ケンタッキーさんの右隣、なか卯さんが入っているビルの3階

※ご来院の患者様に「並木3丁目パーキング」の1時間のサービスコインを渡しております。受付までお問合せ下さい。

詳しくはこちら

  • 院長ブログ

pagetop