院長ブログ blog

コンタクトレンズを使用している方へ

2018.07.13

せめて角膜内皮細胞の検査は受けてください。

内皮細胞とは、角膜の最内側にある細胞で、約3000個/mm2が正常ですが、コンタクトレンズを長期使用すると、角膜が酸素不足になり細胞が死滅します。この角膜内皮細胞は再生しません

2000個/mm2を下回ればコンタクトレンズの装用をやめ、メガネで生活をしましょう。また、1000個/mm2を下回ると角膜が白濁し、更に減少し500/mm2を下回ると水疱性角膜症となり、角膜移植でしか透明な角膜を取り戻すことができなくなります。なお、白内障手術の際に、角膜内皮細胞が少ないと手術が受けられない場合もあります。

最近角膜内皮細胞が減少してしまった患者さんが多いです。コンタクトレンズは酸素透過性、素材にも大きな差があります。調べてみてください。

  • ご予約はこちらから

診療受付時間

 
9:5012:30 /
14:5018:30 /

休診日:水曜日、日曜日、祝日

詳しくはこちら

アクセス

〒332-0034 埼玉県川口市並木3-1-1 第二福原ビル3階
西川口駅 東口より徒歩1分
ケンタッキーさんの右隣、なか卯さんが入っているビルの3階

※ご来院の患者様に「並木3丁目パーキング」の1時間のサービスコインを渡しております。受付までお問合せ下さい。

詳しくはこちら

  • 院長ブログ

pagetop