院長ブログ blog

子供の結膜炎は注意したほうがいい理由

2017.04.15

めやにがでて、白目が真っ赤で。

おそらく結膜炎です。

大人も子どもも、なるべくしばらく眼科にかかりましょう。

ウイルス性の結膜炎の場合、めやにがおさまる頃に角膜に混濁を起こすことがあります。混濁がおさまるまで点眼を処方します。

大人なら自分でぼやけるな~、と気づきますが、子どもは片目のぼやけは言葉で訴えません。
とくに八歳以下の子は視力も発達過程ですので、結膜炎後に残った片目の薄い角膜混濁が、ちょっとした遮蔽のようになって、弱視、弱視の原因となることがあるのです。
肉眼ではわからない角膜の濁りです。
小さい子どもの結膜炎は、必ずしばらく眼科にかかることをおすすめします。

  • ご予約はこちらから

診療受付時間

 
9:5012:30 /
14:5018:30 /

休診日:水曜日、日曜日、祝日
※第2・第4日曜日は10時から13時まで診療しています

詳しくはこちら

アクセス

            

〒332-0034 埼玉県川口市並木3-1-1 第二福原ビル3階
西川口駅 東口より徒歩1分
ケンタッキーさんの右隣、なか卯さんが入っているビルの3階

※ご来院の患者様に「並木3丁目パーキング」の1時間のサービスコインを渡しております。受付までお問合せ下さい。

詳しくはこちら

  • 院長ブログ

pagetop